子供英語おすすめ絵本シリーズ絵本

おすすめ絵本

 HRでは、「英語絵本の読み聞かせを始めたいのですが、まずはどれがいいですか?」というお問い合わせをいただくことが多くあります。その時に、こちらからお伺いすることは、「お母さん(お父さん)が、絵本を読み聞かせされますか?」「何歳のお子さんに読み聞かせをしようと思っていますか?」など。その時のお返事によってご家庭にあった、お子さんにあった絵本をご紹介させていただいております。

0歳〜スタートするのにおすすめのシリーズ絵本は「ORT/ CTP」です。
その他のシリーズ絵本はこちら

*HRコメントは、スタッフの個人的な感想です。感想には個人差がありますので予めご了承ください。
0〜3歳くらい <HRコメント>

Brown Bear,
Brown Bear,
What Do You See?
子ども達が大好きなたくさんの動物と意外な色の組み合わせ。
文章も繰り返しなので、英語絵本の読み聞かせが初めての方でも安心して読める1冊だと思います。
幼稚園や小学校の読み聞かせに使用したり英語教室でも出番が多いこと間違えなし!

Peek-a-Moo!
かわいい絵とたくさんの動物が仕掛けによって顔を出すところが子どもたちにも人気です!
日本語と英語の鳴き声の違いにも注目できる1冊。園児にも人気です。 

Freight Train
特に男の子に人気です。
文字量も少なく、"Moving"の部分はわかりやすく色遣いも素敵です。

Good Night,Gorilla
おやすみなさいというシンプルな言葉でストーリーも楽しめる絵本。優しい絵のタッチに大人も癒される1冊です。幼稚園児、小学生でも楽しめます。

This Little Piggy
手遊び(足遊び??)歌のしかけ絵本です。指を動かすと出てくる子ブタちゃんがかわいい♪歌いながら読むと楽しさ倍増!

Hug
HUGってなんだろう?って思いながら絵本を開くと・・・最後は親子でHUGしたくなる1冊です(^^)
幼稚園の読み聞かせなどでも大活躍!
ちょっと小さめのボードブックです。ご家庭でパタパタめくって遊ぶのにおすすめ。シンプルな絵と言葉でわかりやすい絵本たち。
3〜6歳くらい <HRコメント>

color zoo
色、形、動物などがたくさん出てきます。小学校や英語教室でも大活躍!

opposites
しかけで楽しむOPPOSIES絵本です。色がはっきりしている大きめの絵本です。小学校や英語教室にもお勧めです。

brush your teeth please
ハブラシ部分が動くようになっています。ライオンくんの歯を磨いてあげましょう!!ご家庭での歯磨き習慣付けにも役に立つかも?!

ten fat sausages
数のテーマのときにおススメ!付属のCDに合わせて歌い読み、振付をつけて踊り読みにおすすめ?
ソーセージが消える仕掛けにもびっくり?!

the carrot seed
なかなか芽が出ないニンジンの種。でも諦めずに水をやり続け、ニンジンが実るまでの様子が描かれています。文章量は多くなってきますが、シンプルな絵なのでストーリーはわかりやすいようですね。

five little monkeys jumping on the bed
Five Little Monkeysの手遊び歌の絵本です。文章量はやや多いですが、歌になっているのであまり気にならないかも!おさるさん達が可愛いのです!

BINGO
あの有名なビンゴの歌です。色んなシリーズがありますが、歌をご存じない方はCD付きをお勧めします
6〜9歳くらい <HRコメント>

from head to toe
たくさんの動物の動きをマネっこしながら読んでみるのも楽しいかも!

ketchup on your cornflakes?
上下が分かれているしかけ絵本です。上下の組合せでヘンテコなものが出来あがったりしますよ(^^)幼稚園児でも楽しめるかも?!

No,David
だめよ、デイビットくん!Davidの表情が何とも言えない(^^)ダメダメいわれるんだけど、愛情いっぱいの絵本ですよ。

the music man
音楽好きの人が集まったアパートの窓(穴あき仕掛け部分)を開けると楽器を演奏している人が!日本の絵本ではあまり出てこない車いすの子も登場しているのもいいなと思っています。小学高学年にもお勧めです。

What's time Mr.Wolf?
1日中ずーっとおなかがすいているMr.Wolfのお話。絵本の後ろから指を入れて口をパクパクMr.Wolfの顔が動かせます!

lemons are not red
絵と仕掛けはシンプルなのに内容はふかーい一冊です。色がはっきりしているので未就園児さんも楽しめるかも!

dry bones
Dry Bonesの歌絵本。骨の名前が繰り返し出てきますよ!

go away big green monster
Go Away!の掛け声でモンスターが消えちゃう!はっきりした色使い、シンプルな絵、教室、サークルでの読み聞かせにもおすすめです。

Yo! Yes?
“Yo!”“ Yes?”といったシンプルな単語、表現の絵本です。陽気な男の子と内気な男の子の短い掛け合いと表情の変化に心がふっと軽くなる絵本です。
9〜12歳くらい <HRコメント>

bear hunt
描くと本物になる魔法の鉛筆を持った白クマくん、色んなものを描いてハンターから逃れていきますよ!白くまくんの飄々とした顔が何とも言えません(^^)

draw me a star
「お星様描いて」から繋がる色マジック!エリックカール氏のコラージュが冴えわたっています。八角形の星もかけちゃう絵本です。繰り返しの文章なので低学年でも楽しめますが、ストーリーを感じてもらうなら高学年〜くらいかな。

guess how much i love you
「君のことがこ〜んなに大好きだよ」と体を使ってお互いの気持ちを伝えあう物語。気持ちを伝えることってとっても大事!I love you this much♪

there was an old lady who swallowed a fly
なんでも飲み込んじゃうおばあさんシリーズ
なんでか分からないけれど色んなものを飲み込んでしまい、最後には…
実はこれ、絵本によってオチが違っていたりするんです(^^)

peanut butter and jelly
日本ではあまりなじみがないピーナッツバターとジェリーのサンドイッチの作り方(「ありえ〜ん」という声が聞こえてきそうですが(^^;)の絵本です。繰り返しフレーズが心地よい♪

shark in the park
望遠鏡で公園をのぞいていると・・・あ
12歳くらい〜 <HRコメント>

the little house
絵の温かさを感じる、ストーリーを追う、ちいさなおうちの気持ちになる、いろいろな読みかたができる絵本です。大人になっても手に取りたい1冊。

madeline
先生と12人の生徒がパリの寄宿舎で暮らしている。その中で一番小さな女の子Madelineのお話です。このシリーズは女の子に大人気!

curious george
テレビでもおなじみ“おさるのジョージ”
アフリカからアメリカに連れてこられたところからお話が始まります。あの黄色い帽子のおじさんとの出会いのストーリー。
いたずら好きのジョージシリーズはクスッと笑っちゃいます。

winnie's amazing pumpkin
魔女のWinnieと黒猫Wilburは野菜が大好き♪それなら…と育てることにしたのですが、育つのを待てないWinnieは魔法を使ってしまいます。すると大きな野菜が!!
というドタバタストーリーがおもしろいのがWinnie the witchシリーズなのです!